結婚式のおまじない

こんにちはかわいい  営業課「はせよう」こと長谷川ですウィンク

 

外は暖かい日と寒い日を繰り返していますが

すっかり春らしくなってきましたね晴れ

そろそろウォーキングを始めようと計画中な今日この頃・・・

 

 

今日は知ってるようで知らない、結婚式にまつわる豆知識をご紹介します

 

みなさま、結婚式の「おまじない」ご存知ですか?

20140327-004006.jpg

花嫁さんが生涯幸せな結婚生活を送ることができると語りつがれているヨーロッパのおまじない・・・

 

「Something Four」

 

1.Something Old(なにか古いもの)

これから始まる新生活を豊かに送れるように、祖先から伝えられたものを受け継ぎます。

ヨーロッパでは祖母や母から譲られたジュエリーが一般的ですが、ウエディングドレスなどの場合もあります。

 

2.Something New(なにか新しいもの)

新たな生活が幸せなものになりますようにとの願いを込め、新品のものを身につけます。

結婚式当日に新調するものならウエディングドレスからシューズまで、なんでもよいとされています。

 

3.Something borrowed(なにか借りたもの

幸せな結婚生活を送っている人から幸運をわけてもらい

その幸せにあやかるために、友人などからハンカチなどの持ち物を借ります。

 

4.Something  blue(なにか青いもの)

「青い鳥」に代表されるように、青は幸せを呼ぶ色

忠実・信頼を象徴する色と言われており、聖母マリアのシンボルカラーとして知られています。

また、花嫁 の純潔や貞操、清らかさを表すことから

サムシングブルーは人目につかないよう身につけるのがいいとされ、

ヨーロッパではガーターベルトに青のリボンを飾 るのが一般的です。

 

この他にも、幸せのジンクスから生まれたアイテムや演出もあるんですひらめき

 

フラワーシャワー  

挙式が終わって新郎新婦がチャペルから出てきたときに花びらをまくフラワーシャワーは、

花の香りでまわりを清め、幸せをねたむ悪魔から新郎新婦を守るという意味があります。

20140201-191551.jpg

 

ブーケ&ブートニア

かつてヨーロッパで男性が愛する女性のもとへプロポーズをしに行くとき、

野に咲いた花を摘み、女性に手渡し捧げたものがブーケの由来。

そして女性が求愛を受け入れる証として、花束から一輪を抜いて男性の胸に挿したものがブートニアです。

最近では、このプロポーズの儀式を取り入れた「ブーケセレモニー」も人気です。

20131216-001027.jpg

 

ブーケトス

挙式後、花嫁が後ろ向きで女性ゲストへ向かってブーケを投げる演出。

ブーケを受け取った女性が次の花嫁になれると言われており、“幸せのバトンタッチ”の意味もあります。

ブーケトスの由来にはいくつか説がありますが、14世紀のイギリスの風習が起源になったとされます。

結婚式の参列者たちが祝福にあやかりたいと、花嫁のドレスを引っ張ったり、

ブーケの花や小物を取り合ったりしたことから、その予防策としてブーケを投げるようになったそうです。

最近だと、男性向けのブロッコリープルズもとっても人気ですハートたち (複数ハート)

wpid-1384862138493.jpg

 

 

アーモンドドラジェ

アーモンドの実を砂糖でコーティングしたお菓子のことで、

日本ではゲストのお見送りなどで配るプチギフトとして人気です。

もともとは紀元前二世紀、ローマの貴族であるファビウス家が結婚の内祝いや子供の誕生祝いとして町中に配ったのが始まり。

アーモンドは枝にたくさんの実をつけることから、古くから「子宝にめぐまれる」と言い伝えられており、

お祝いごとには欠かせないお菓子として愛されてきたそうです。

ヨーロッパでは「幸福のため」「健康のため」「富のため」「子孫繁栄のため」「長寿のため」

との願いを込めて5粒を包むのが一般的です。

20140201-192322.jpg

新婦さまの手元を美しく彩るブーケ、

花びらに包まれるフラワーシャワーの祝福、

プチギフトとして人気のアーモンドドラジェなど

私たちがなにげなくウエディン グに取り入れているアイテムや演出も花嫁の幸せを願って生まれたものほっとした顔ハートたち (複数ハート)

その本当の意味を知っていれば感動もひとしおですねぴかぴか (新しい)